10キロ痩せる 水泳

水泳で10キロ痩せるための3つのこと

水泳については、普通の陸の上でマラソンなどをするよりもよっぽど効果的に10キロ痩せることが出来ます。そのため、効果的に10キロ痩せることを目標としている場合は水泳をしてみることをおすすめします。

 

でも、水泳といってもどんな水泳をしたら効果的に10キロ痩せることが出来るのか分かりませんよね。ここでは、10キロ痩せる方法として水泳で痩せるにはどうしたら良いのかご紹介いたします。

 

水泳で10キロ痩せるための3つのポイント

水泳で効果的に10キロ痩せるには3つのことを行うとよりダイエットしやすくなります。早速その3つのことをご紹介いたします。

 

有酸素運動

まずは、水泳をする前に軽い有酸素運動をすることをおすすめします。どうして軽い有酸素運動が10キロ痩せるためには有効なのかというと、筋肉を予め伸ばしていくと脂肪も燃焼しやすくしてくれるからです。

 

脂肪が燃焼しやすくしてくれるということは、水泳をした時に脂肪が燃焼しやすくなるということですのでダイエット効果もアップしやすくなりますよね!

 

無酸素運動

また、有酸素運動として軽い運動をした後に直接プールに入るのではなく、少しでいいので筋トレをしてみてください。こうすることで、より脂肪燃焼効果がアップしますのでますます10キロ痩せることがしやすくなりますよ。

 

水泳開始!

水泳で10キロ痩せる時には、全力で初めから終わりまで泳がないということです。どうして全力で泳がない方がいいのかというと、全力で泳いでしまうと脂肪燃焼効果があまり効果的に働かなくなってしまうからです。

 

では、どういう水泳方法が良いのかというと自分のペースで長い時間水泳することです。おすすめの方法は、1週間に3日程度で600mくらいを一時間くらい歩くことです。

 

ポイントは、20分以上継続して水泳をするということです。20分以上行わないと脂肪も燃焼しないので、最低でも20分以上は行うことが大切なのです。また、10キロ痩せたいとなると結構長い時間行った方がいいので1時間は行った方が良いでしょう。

 

これは目安となっていますので、水泳を始めて始めるという方は少しずつ時間を伸ばしていってもいいですね。自分が継続しやすいペースで行うことが大切ですね。

 

まとめ

ここでは、水泳で10キロ痩せる方法について3つの効果的な方法をご紹介いたしました。すると、水泳で10キロ痩せるには、水泳を行う前に軽い有酸素運動としてストレッチのようなことをしたり、その後に筋トレをすることでより脂肪が燃焼しやすくなることが分かりました。

 

では、水泳をする時にはどうしたら良いのかというと、水泳は出来るだけ全力で走ることなく自分のペースで1時間くらいを600m進むようにすることがおすすめでした。これを1週間に3日程度行っていると10キロ痩せることに近づきますので、是非おこなってみてくださいね!

 

ただ、あくまでもこの距離や時間は目安になりますので、水泳を始めたばかりの方については少しずつ距離を伸ばすようにしても良いです。